華やかな夜の世界で、男が輝くためのサクセスストーリー

お客様、そして風俗嬢に信頼される存在になる

店長のいちばんの仕事は収支管理

店長は、一般のスタッフ、ボーイさんとは異なり、店の経営の一翼を担う存在でもあり、特に、店の月次収支の管理が最も重要となります。
風俗店で働くには学歴不問と言いましたが、店長ともなると、経理事務のノウハウを分かっているか、いないかで、管理能力に大きな差が出てくるものです。
収支をよくするには、お金の出と入りをしっかりと掌握して、収支が悪化しているときには出を抑え、入りを増やすようなマネージメントができるようにします。
特に、入りは、風俗嬢の稼ぎにも通じるもので、お客様の入りがよいか、どうかで決まってきますので、お店を挙げて、お客様を楽しませる雰囲気づくりなどに知恵を絞ると、自ずから収支の改善が図られるでしょう。

大きい店舗には経理担当が必須

1店舗で動くお金は、一晩で、少なくても数千万円になり、複数店舗経営しているグループであれば、多額のお金が扱われることになります。
そんなお金の管理を店長一人に任せるのではなく、専門の経理担当を雇うことも風俗店を経営するうえで欠かせないことです。
一般企業で、経理業務の心得があれば、風俗店の経理を任されても大丈夫でしょうし、専任担当ということではなくても、昼間の仕事の副業的に請け負うことも十分に可能でしょう。
風俗と言っても、一般企業の経理と何ら変わりませんが、大きな店舗になると、一晩で多額の札束を扱うことにもなり、多少の緊張を伴うかも知れません。
ただ、店内のボーイさんや店長、送迎ドライバーのように、風俗嬢と接触できる機会がありません。