華やかな夜の世界で、男が輝くためのサクセスストーリー

儲かるお店にできるか、試されるマネージメント力

風俗へ身をおいて、とことん究める

今、芸人さんになりたいと思う若者が多いようですが、実際の芸人は下積みを経験して、一握りの人たちが華やかな舞台に立っているわけです。
同じように、風俗の世界においても、風俗嬢がNO.1になるまでの苦労もありますが、風俗スタッフとして、ボーイの下積みから、いろんな努力を重ねて、フロアマネジャーであったり、店長へステップアップする向上心が必要になります。
一般の人からすると、夜の風俗の世界で、男が働いて、何があるのかと言われかねないですが、むしろ風俗にしかないお客様を楽しませるエンターテイメントを究めるような心構えを持つべきでしょう。
それだけの魅力がある風俗店にできるか、チャレンジするのも男の仕事なのかもしれません。

一握りの成功者になる

当然のことですが、風俗店も、歴とした会社組織であり、代表者がいて役員、幹部、そして店長など、組織があります。
その組織の中で、幹部クラスになれば、実質的なボードメンバーの一員にもなり、店舗の管理や部下の育成はもちろん、売上管理から売上を上げるための月次会議など、重要な役割を担うことにもなります。
そうなると、実際にお店に出ることは少なくなり、店の女性と会う機会も減るように思いますが、幹部は女性と個人的に連絡を取ってよい特権的なものが与えられている場合が多いようです。
この立場になって、初めて、堂々と店の女性と親しくできる(基本は女性との関係はご法度)チャンスが巡ってきます。
何ごとも、努力を重ねて、自分の力を100%出し切れば、月額100万円以上の報酬も夢ではなくなります。